中古住宅購入の流れ

1.購入の流れ

Step1.希望の条件を整理する

家族構成や暮らしのスタイルなどを踏まえて、どんな物件が「理想の住まい」なのか、良く考えてみましょう。 詳細はこちら

Step2.無理のない予算をきめる

用意する頭金の額や住宅ローンの借入額など、安心して暮らせるような資金計画を立てましょう。 金融機関に相談したり、ローンの仮申込みをおすすめします。

Step3.物件情報を“かしこく”集める

いよいよ物件探しです!パソコン検索ならば、最初はあまり条件を絞り込まないのが、「理想の住まい」をみつけるコツです。 詳細はこちら

Step4.物件を見学する

・複数物件の比較検討をする。 ・1社に決めずに何社かに物件紹介を依頼する。 詳細はこちら

Step5.契約の準備をする

売買契約を結ぶまでに宅地建物取引士から重要事項説明を受けます。また、物件の最終確認も行います。 詳細はこちら

Step6.不動産売買契約を結ぶ

売買契約書は、重要な書類ですから、十分に内容を理解してから署名・押印するようにしましよう。 契約時に手付金(売買代金の10%程度) 仲介手数料の一部を支払います。 詳細はこちら

Step7.住宅ローンを申し込む

売買契約が終わったら速やかに住宅ローンの申込み手続きを行いましょう。 詳細はこちら

Step8.残代金を支払い、物件の引渡しを受ける

詳細はこちら

Step9.入居後の諸手続きを済ませる

家の引渡しを受けたら、ようやく入居ですが、まだまだやらなければならない手続きがたくさんあります。 詳細はこちら

(この記事は新潟県宅建協会から提供されています)

関連記事(中古住宅新着順)